スマートフォン版を表示

住宅の外壁に使われる窯業系サイディングの塗装時期の見極め方

現在の住宅では、外壁に窯業系サイディングという建材が多く使われています。

窯業系サイディングは、外壁として必要な能力をバランスよく兼ね備えておりコストも安いため、新築の住宅の外壁に採用されるケースが非常に多いのです。

ただ、窯業系サイディングには水分に弱いという弱点もあります。
サイディングの劣化を防ぐには、適切なタイミングでメンテナンスを実施することが不可欠なのです。

メンテナンスが遅れ水分が浸入してしまったら、サイディング自体が劣化して塗装のやり直しだけでは済まなくなる可能性もあります。
ここでは、目で見て分かるサイディング外壁のメンテナンス時期の目安を紹介していきましょう。

目次

写真:塗装している男性

シーリングの劣化

サイディングボードのつなぎ目には、ゴム状のシーリング材が注入されています。
シーリングをしっかりと充填させることで、サイディングの隙間から水分などが浸入することを防いでいるのです。
ただ、シーリングはゴムのような素材のため、時間の経過と共に紫外線で劣化し割れるなどの不具合が生じてきます。

シーリングが劣化してしまうと、サイディングのつなぎ目から水分が浸入してしまいます。
サイディングは水分に弱いので、外壁を傷める原因となるのです。

シーリング部分にひび割れが見られるなら、シーリングを打ち直す時期にきていると判断していいでしょう。
外壁塗装に合わせて、シーリングもきちんと補強してもらうようにしてください。

シーリングの補修には、既存のシーリングを撤去して新しくシーリングを打つ「打ち替え」と、既存のシーリングの上から補強する「打ち増し」の2つのタイプがあります。
当然、打ち替えの方が長持ちしますので、できる限り打ち替えで補修をお願いした方が良いかと思います。

塗装のひび割れや剥がれ、チョーキング

外壁塗装にひびが入ったり、剥がれが見られたり、手に白い粉がつくチョーキングが発生したりした場合は、塗装が劣化してきているサインとなります。
このような状態の塗装ではサイディング本体を守ることができないので、外壁塗装をリフォームしなければなりません。

塗料の種類にもよりますが、だいたい10年程度が塗り替え時期の目安です。
塗装を行って10年を経過するころなら、一度外壁をチェックするようにしてください。
ひどいチョーキングやクラックが見られるなら、早めの塗装が必要となります。

塗装の劣化の目安は、なにもサイディングに限ったことではありません。
外壁塗装においては全ての建材において、ひび割れや剥がれ、チョーキングが見られると塗装の時期になります。

サイディングの反り

サイディングは、水分を吸収する特性をもっています。
そして、水分の吸収と乾燥を繰り返すことで、反ってしまうことがあるのです。
また、寒暖差が激しい地域では、温度変化で収縮と膨張を繰り返し、サイディングが反ってしまうこともあります。

サイディングが反ってくると繋ぎ目に隙間ができ、そこから雨水などが進入してしまいます。
すると、さらにサイディングが水分を吸収することになるので、ソリがどんどんひどくなるという悪循環に陥るのです。

サイディングが反ってしまうと、基本的には張り替えるしか打つ手がありません。
シーリングを補修しても、反っている部分からすぐに切れてしまうので、まずはサイディングを見直すことから始める必要があります。

軽度なものなら、ビス留めすることで補修することができます。
ただ、反りが進行するおそれもあるので、水分が浸入しないよう塗装やシーリングを完璧に行う必要があるでしょう。

サイディングのひび割れ、破損

サイディングが熱や水分の影響で膨張と収縮を繰り返すと、サイディング自体にひび割れや破損が生じることがあります。
また、外部からの衝撃により、割れてしまうことも考えられます。

サイディングが割れてしまうと、隙間から水分が浸入してしまいます。
この水分は、サイディングだけでなく、建物の骨格も腐食させてしまうおそれがあるのです。

ちょっとしたひび割れ程度なら、補修材で補修することもできます。
ただ、あまりにひび割れや破損がひどい場合はサイディングの張替えしなければならなくなるので、塗装が劣化する前に塗りなおしを行い、サイディングを風雨から守るようにしてください。

外壁塗装のタイミングが分からないなら辻塗装へご相談ください。

サイディングの劣化を防ぐには、適切なタイミングで塗装を塗り替えることが大切です。
外壁塗装の持つ防護力がなくなると、サイディングが水分などの影響をモロに受けてしまうのです。

ただ、外壁塗装に詳しくない方なら、適切なタイミングを見極めるのは難しいでしょう。
そこで、まずは私たち(辻塗装)に一度相談してみてください。
36年間外壁塗装一筋で営業してきたので、塗装すべきタイミングを完璧に見極めることができます。

もちろん、サイディング以外のどんな外壁にも対応しています。
どんな些細なことでも親身に相談に乗りますので、お気軽に連絡してみてくださいね。


辻塗装へお問い合わせ