スマートフォン版を表示

手抜き工事を防ぐためにチェック!外壁の鉄部塗装の実施手順

写真:外壁のさび

鉄部塗装は外壁塗装に比べて範囲が小さいため、手抜き工事がされやすい箇所となっています。
そもそも塗装の場合、見た目はきれいに見えるので、手抜きをされてもその場で気がつくことは難しいです。
数年経過して塗装がはがれるなどして、手抜き工事が行なわれていたことに気がつくケースがほとんどなのです。

そこで、きちんとした鉄部塗装の手順を知っておき、間違いのない施行がされているか判断することも重要なこととなります。
ここでは、サビが発生してしまった鉄部の塗装に必要な手順を一から順に見ていきましょう。

目次

劣化した塗膜を除去する

鉄部を塗装する前に、劣化した塗膜を除去しなければなりません。
古い塗膜を除去することなく上から塗り重ねても、密着性が悪くなりすぐに塗装が剥がれる原因となります。

また、塗装の内部に雨水が浸入し、見えない部分が錆びていることも考えられます。
サビを逃さず除去するためにも、まずは塗装をきれいに除去しなければならないのです。

基本的には高圧洗浄機で洗浄すれば、劣化した塗膜は除去することができます。

サビを除去する

サビを放っておいたら、どんどんサビが拡散してしまいます。
これは、塗料で水の浸入を防いだところで止めることはできません。
そこで、すでに発生しているサビについては、全て除去する必要があります。

サビの除去方法は、サビが発生している程度により異なります。
表面に発生しているだけの小さなサビならヤスリで磨くだけで除去できますが、広範囲にサビが広がってしまった状態なら、電動サンダーなどの工具でなければ太刀打ちできません。

また、サビを落とす方法には、塩酸やリン酸が含まれた薬剤で洗い落とす酸洗浄という方法もあります。
酸洗浄なら、ヤスリが届かない細かな部分のサビまできれいに除去することが可能です。
その上、鉄の表面に新しい酸化皮膜を形成してくれるので、赤サビを抑止する効果にも期待ができます。

サビの除去の工程は、鉄部塗装の中で最も重要な工程となります。
サビの上から塗料を塗ったとしても、古い塗料と同じく密着性が悪くなり、すぐに塗装が剥がれてしまうだけなのです。
すぐに雨水や湿気が浸入してしまうことになるでしょうから、サビの拡散を防ぐことは難しくなってしまいます。

目粗しを行う

鉄部の塗装で、最も重要な工程が目粗しです。
目粗しとは、塗料の密着性を高めるために鉄部の表面に細かな傷をつけていく作業のことです。
細かな傷に塗料が入り込むため、塗料の密着性が高まりすぐに塗装がはがれるようなことがなくなるというわけです。

サビを除去する段階で傷がついていれば必要ありませんが、ある程度きれいな鉄部に塗装する場合は必ず必要な作業となります。

下塗り

下塗りでは、サビ止めの塗料を塗装するのが一般的です。
鉄に最も近い部分をサビ止めで保護することで、サビの発生を長期間防ぐことができます。

また、下塗りには塗装と鉄部との密着性を高める役割もあります。
鉄部塗装の重要な部分となるので、塗料までしっかり吟味するようにしてください。

中塗、上塗り

最後に、サビ止めの効果をもつ下塗りを保護するため、中塗りと上塗りを行います。
サビ止め用の塗料は紫外線や雨水に弱いため、保護しないとすぐに劣化してしまいサビ止め効果を発揮してくれなくなってしまうのです。

上塗りに使う塗料は、外壁と同じく耐久性の高いシリコン塗料が一般的です。
中塗りと上塗りに分けて塗り重ねることで、適正な膜厚を確保でき防護力が発揮されます。

福岡での鉄部塗装は辻塗装におまかせください

鉄部塗装は、通常の外壁塗装に比べても難易度の高い工事になります。
鉄のような金属の表面は、外壁材に比べてツルツルとしているので、しかるべき処理を行わないと塗料の密着性が非常に悪いのです。

つまり、鉄部塗装では、業者の技術力の差がハッキリと出てしまうということですね。

もし、鉄部の塗装の剥がれなどが気になる場合は、一度私たちに相談してみてください。
福岡で36年の実績を持つ私たち(辻塗装)なら、鉄部の塗装技術に関するノウハウも大量に蓄積しております。

剥がれることなく長持ちする塗装をご提供できますので、お気軽にご連絡してみてください。


辻塗装へお問い合わせ