スマートフォン版を表示

住宅塗装施工例

福岡県 宗像市 T様邸 住宅  外壁  塗装工事

福岡県 宗像市 T様邸 住宅  外壁 塗装工事 施工前

福岡県 宗像市 T様邸 住宅  外壁 塗装工事 施工前

福岡県 宗像市 T様邸 住宅  外壁 塗装工事 施工後

福岡県 宗像市 T様邸 住宅  外壁 塗装工事 施工後

コメント

こちらは宗像市のT様邸の塗装工事を施工させて頂きましたので紹介します。

こちらの物件は知人からの紹介で施工させていただきました。

屋根に関しましては陶器瓦のため今回の塗装工事は施工しておりません。


外壁塗装について
サイディングボードとモルタル面がありましたが、
下塗りはファインパーフェクトシーラーを塗り、
上塗りのパーフェクトトップ2回塗りで施工してます。
劣化部分に関しましては下塗りで2回塗りしております。
吸い込み部などには完全に下地を固めてから上塗りをする必要があります。
下塗りのファインパーフェクトシーラーは塗装の間隔を厳守しないと
本来の含侵補強効果が得られない可能性があるため1日1工程となります。


付帯の破風の木部塗装について
木部は劣化の早い部材になりますので、
前回塗り替え時から10年以上経過すると吸い込みが多くなります。
含侵補強造膜型のファインパーフェクトシーラーを2回塗りしてます。
こうすることでより良い密着強度を発揮いたします。
上塗りにはファインパーフェクトトップ2回塗りで仕上げております。
木部に関しましてはどうしても劣化が早いため、
吸い込みが止まるよう下塗りには注意が必要になります。


板金等金属部の塗装について
金属部分の塗装工事では錆発生箇所に対して錆止めを
すぐに塗装することは致しません。
ケレン清掃作業は当たり前のことになりますが、
住宅などにある板金部材は薄かったり凹凸があることが多く
サンダーなどで全部除去することが難しいです。
しかし錆発生箇所に対して錆止めを直接塗装しても
中で錆が進行しすぐに錆が発生してしまいます。
ですので錆発生箇所に対しては錆面素地調整補助剤の
ハイポンさビスタという塗料を錆発生箇所に補修塗装することで
そういったリスクを抑えることができます。
施工の流れはケレン清掃作業
ハイポンサビスタ部分補修塗装
ファインパーフェクトプライマー錆止め塗料下塗り、
ファインパーフェクトトップ上塗り2回塗りとなります。


今回の塗装工事では築年数と施工回数を考慮し、
下塗りの作業には注意しながら施工いたしました。
劣化年数を早める原因として木が生い茂っているのも一つの原因となります。
植物などの樹液に対して塗装は弱いため注意が必要になります。
塗装工事ではいろいろな状況により施工内容も様々になります。
一つ一つの状況に応じてより良い施工を心掛けることと、
正しい工法を日々勉強しながら進歩する必要があります。


※使用材料※

外壁材料 日本ペイント株式会社 
下塗り:水性パーフェクトシーラー 
上塗り:パーフェクトトップ

鉄部材料 日本ペイント株式会社 
下塗り:パーフェクトプライマー 
上塗り:ファインパーフェクトトップ

樋付帯材料 日本ペイント株式会社 
下塗り:ファインパーフェクトシーラー 
上塗り:ファインパーフェクトトップ

軒裏材料 日本ペイント株式会社 
下塗り:ファインパーフェクトシーラー  
上塗り:水性ケンエース

福岡県 太宰府市 H様邸 住宅  外壁 屋根 塗装工事

太宰府市 H様邸 外壁 屋根 塗装工事 施工前

太宰府市 H様邸 外壁 屋根 塗装工事 施工前

太宰府市 H様邸 外壁 屋根 塗装工事 施工後

太宰府市 H様邸 外壁 屋根 塗装工事 施工後

コメント

こちらは太宰府市のH様邸の塗装工事を施工させて頂きましたので紹介します。

外壁 屋根 軒裏 破風 樋 幕板 板金 付帯 全ての塗装作業を施工してます。

H様邸はご近所の方でいつも大変お世話になっています。

下地補修のシーリング打ち替え工事につきましては、
目地とサッシ回りの処理を行いました。

屋根のコロニアル塗り替え時のタスペーサー設置などの処理は
確実に行う必要があります。

シーリング工事の適正な工法など、未だに守られていない業者もおられるみたいです。

塗り替え工事のお見積もりで現場調査を行う際に、
前回施工で屋根の縁切りが十分に行っていないなど多々あります。

わざとじゃない可能性もありますが、
こういった一つ一つの大事な作業を積み重ねることで家は長持ちします。

改修塗装工事では、会社の目指す将来と職人一人一人の心掛けが
すごく大事になってきます。


※使用材料※

外壁材料 日本ペイント株式会社 
下塗り:水性パーフェクトシーラー 
上塗り:パーフェクトトップ

屋根材料 日本ペイント株式会社 
下塗り:ファインパーフェクトベスト強化シーラー 
上塗り:ファインパーフェクトベスト

屋根縁切部材 株式会社セイム タスペーサー02 脱気緩衝材 縁切工法

鉄部材料 日本ペイント株式会社 
下塗り:パーフェクトプライマー 
上塗り:ファインパーフェクトトップ

軒裏材料 日本ペイント株式会社 
下塗り:パーフェクトシーラー  
上塗り:水性ケンエース

福岡県 太宰府市 G様邸 住宅  外壁 屋根 塗装工事

福岡県 太宰府市 G様邸 住宅  外壁 屋根 塗装工事 施工前

福岡県 太宰府市 G様邸 住宅  外壁 屋根 塗装工事 施工前

福岡県 太宰府市 G様邸 住宅  外壁 屋根 塗装工事 施工後

福岡県 太宰府市 G様邸 住宅  外壁 屋根 塗装工事 施工後

コメント

こちらは太宰府市のG様邸の塗装工事を施工させて頂きましたので紹介します。

外壁 屋根 軒裏 破風 樋 幕板 板金 付帯 全ての塗装作業を施工してます。

まずはじめに高圧洗浄の作業を施工いたしました。
隣接しております家が近かったので、細心の注意を払いながら高圧洗浄をしました。
高圧洗浄で埃などの汚れが飛散する場合は、養生等で迷惑かけないよう作業します。
お客様の近隣の方々へは事前に挨拶させて頂き、気持ちよく作業ができるよう心掛けてます。

        
        外壁シーリング工事について

まずはシーリングの打替え工事から作業させて頂きました。
既存のサイディングボードの目地【柔らかい部分】の打替え作業を施工し、
破風部分 サッシ廻り 幕板の取合いなどなど、必要箇所はすべて打ち替えております。
シーリング材料にはコニシボンドさんのボンド MSシールを使用してます。
変性シリコン系ノンブリード 2成分形の低モジュラス。伸縮に対する追随性に優れるため、
サイディングボードムーブメントが大きく幅の広い目地に適しています。
サイディングなどの外壁材は温度変化によって伸縮し、目地幅などが変化します。
このようにムーブメントが働く目地のことをワーキングジョイントといいます。
ムーブメントが生ずる原因としては温度・湿度の変化に伴う部材の変形や地震に伴う
層間変位や風による部材のたわみ等が挙げられます。
したがって、目地設計ではシーリング材の接着性、ムーブメント追従性、耐久性、施工性などを
十分考慮して目地設計をし、目地幅、深さを決定しなければなりません。
また、ワーキングジョイントの場合3面接着にすると、ムーブメントにより
シーリング材に局部的な応力が生じ破断しやすいので3面接着の防止をする必要があります。
2面接着になるように底面のボンドブレーカーなどの徹底と確認作業も大事な知識です。




        外壁塗装について

日本ペイントさんの材料で、下塗りにはパーフェクトシーラーを使用しました。
外壁の表面の傷みなどはほとんどなく、とても作業のしやすい状態でした。
最初の塗替え時期を早めに施工することで、住宅はより長持ちするといわれています。
パーフェクトシーラー下塗りは含侵浸透して内側から固めてくれる優れた下塗り材です。
さらに表面に膜を造ってくれる造膜型の最高な下塗り材です。
辻塗装店では下塗り塗料を良い材料を使うことを、いつもいつも心掛けてます。
上塗も大事なのですが、下塗りをしっかりと施工いしないと硬化が得られません。
上塗と同じくらい、もしくはそれ以上に下塗りに対してのこだわりを持って作業してます。
上塗の材料にはファインパーフェクトトップをしてます。
パーフェクトシリーズの弱溶剤型1液ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料になります。
高耐候酸化チタンと光安定剤によるW効果で耐候性を高める「ラジカル制御技術」により、
紫外線に強い1液弱溶剤系シリコングレードを超える強靭な塗膜を形成し、
塗りたての美しさを長期間保ちます。
仕上がりの均一性に優れているため、より美しく仕上げることのできる塗料です。
期待耐用年数につきましては10年~14年程度の耐久年数になります。


        外壁などの施工の色について

こちらの住宅の色の選定につきましては、
上部の外壁をはほとんど白にみえる材料で施工し、
下部の外壁とポイントをグレーベージュ系統の色で仕上げました。
白の清潔感といったクリーンなイメージと、
灰色は協調性が高くどんな色にもなじみ合う色ですので、
色の好みはそれぞれあるのですが、白と灰色のコントラストで美しく仕上がりました。
さらに屋根に黒系統【黒に近いグレー】を使用してますので、しっかり締りのある、
バランスのとれた雰囲気で、とても無難にマッチしております。


        屋根塗装について

屋根はスレートのコロニアル屋根でしたので、毎度おなじみのパーフェクトシーラー下塗りしました。
上塗の材料にはファインパーフェクトベストを使用しました。
外壁に比べて多量の紫外線照射を受ける屋根を守るため、パーフェクトシリーズの
「ラジカル制御」技術を踏襲した屋根用のパーフェクトシリーズの塗料です。
2液型の強じんな塗膜と優れた作業性が両立された高耐候屋根用塗料です。
藻やかびの発生を抑制し、建物の美観を長期に渡って維持してくれます。
スレートの屋根は特に下塗りが大事ですので、良い材料を必ず使ってます。
もちろんすべて大事なのですが、吸い込みが激しかったりするので、
気にかけて作業してくれる施工店じゃないと、耐久年数に必ず差が出ます。
状況次第では下塗りを3回塗りで施工することもあります。
本当に重要で、正しい知識が必要な、大事な工程です。
正しい提案と、助言をしてくれる、施工店を強くお勧めいたします。
塗装にかける思いが強い施工店では、しっかり下塗りを大事に進めてくれると思います。
スレートのコロニアル屋根の大事な情報です。


        縁切り部材・タスペーサー工法

従来の縁切り工法は、皮スキやカッターなどの工具を用いて、乾いた塗料を剥がしていく工法ですが、
以下のような問題点がありました。
・とても手間のかかる(2人がかりで丸1日)工程が増え費用も増える
・しっかりと乾燥していないまま行うと再び隙間が埋まってしまう恐れがある
・乾燥後に屋根に登り行なうので、綺麗になった屋根を汚してしまう
・縁を切った部分の塗装が傷む
これらを解消するために出てきたのがタスペーサー工法です。
タスペーサー工法は、タスペーサーという隙間を確保する器具を下塗り後に取付ける工法です。
挿入しづらいところはエスパッターを使います。
この縁切りの為の作業をすることで、本当の意味のある塗装工事になります。

※4mm以上のスペースが空いてしまっている屋根では、タスペーサーを使用する事が難しいです。
必ずではなく、こういった状況では必要がない場合もあります。



        その他の仕上げ材料

軒裏天井 ⇒ 日本ペイントさん 水性ケンエースを使用しました。

多機能タイプの環境配慮形水性つや消し塗料。  
内装・外装の各部位に塗装可能です。
1液水性反応硬化形なので、密着性にすぐれています。
また、※やに止め性、付着性、耐水性などにもすぐれています。
落ち着きのある艶消し材料で、住宅の軒裏に頻繁に使用してます。


鉄部・樋・付帯 ⇒ 日本ペイントさん ファインパーフェクトトップを使用しました。

外壁と同じ材料を使用することで、耐久年数を揃えることができます。
作業がしやすい材料という事もあり、付帯などの細かい作業には、
とても有効かつ優秀な材料になります。

福岡県 太宰府市 H様邸 住宅 塗装工事

福岡県 太宰府市 H様邸 塗装工事 施工前

福岡県 太宰府市 H様邸 塗装工事 施工前

福岡県 太宰府市 H様邸 塗装工事 施工後

福岡県 太宰府市 H様邸 塗装工事 施工後

コメント

こちらは太宰府市のH様邸の塗装工事を施工させて頂きましたので、紹介させて頂きます。

高圧洗浄後からの作業を紹介します。

        
        外壁シーリング工事について

まずはシーリングの打替え工事から作業させて頂きました。
サイディングボードの目地は既存撤去打替え作業で施工しております。
2面接着になるように底面のボンドブレーカー確認作業もしっかり行いました。
シーリング材料にはコニシボンドさんのボンド MSシールを使用してます。
変成シリコーンポリマーを主成分とした高性能建築用の変性シリコンシーリング材です。




        外壁塗装について

日本ペイントさんの材料で、下塗りにはパーフェクトシーラーを使用しました。
外壁の表面が若干傷んでいる箇所がありましたので、そういった箇所には下塗り2回施工してます。
パーフェクトシーラーしっかり含侵浸透して内側から固めてくれる優れた下塗り材です。
さらに表面に膜を造ってくれる造膜型の最高な下塗り材です。
色んな用途に使用できるため、少しでも安心する為に良い下塗り材を使用しております。
上塗の材料にはファインパーフェクトトップを使用しております。
パーフェクトシリーズの弱溶剤型1液ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料になります。
粘性調整によりレベリング性(均一に平らになる力)を向上させ、美しいつやが得られます。
防藻・防かび機能で、いやな藻やかび菌の発生を抑制します。
更なる防カビ効果が欲しい方はオプションで強力防かびを選択することも可能です。
期待耐用年数につきましては10年~14年程度はしっかりあると思います。


        外壁タイル模様活かし仕上げ

外壁塗装はタイル模様を活かすために、特殊ローラーにてタイル模様を再現施工しました。
先ず目地色で全体をしっかり2回塗りで仕上げた後に、表面のみ色替えで施工するという手順です。
なかなか技術のいる作業になり、作業手間とコストのかかる工法にははなりますが、
施工する側としましては新しく新鮮な気持ちで作業することができますので、ありがたい工法です。
特殊な仕上げ施工をした現場は印象にも残りますし、達成感もさらに増します。


        屋根塗装について

屋根はスレートのコロニアル屋根でしたので、高機能パーフェクトシーラーを下塗りしました。
外壁と同じく劣化部分は、しっかり固めるために下塗りも2回塗りで施工してます。
上塗の材料にはファイン4Fベストを使用しました。
ターペン可溶4フッ化フッ素セラミック変性樹脂屋根用塗料になりまして、
超耐久性の4フッ化フッ素(4F)と、セラミック配合技術の組み合わせにより、
超耐久性を実現しており、屋根という厳しい環境に耐えることができます。
屋根は直接紫外線や雨風の影響を受ける箇所になりますので、外壁より良い材料を推奨してます。
そうすることで屋根と外壁のバランスを良くするための提案として推奨させてもらってます。
外壁 パーフェクトシリーズ 屋根 フッ素仕上げは かなりお勧めの組み合わせです。


        縁切り工法のタスペーサー取付け

コロニアルの屋根では縁切工法が必要な事も毎回伝えさせて頂いてます。
屋根の水抜け部分を材料で塞いでしまうと、湿気や結露や雨などが逆流してしまいます。
せっかく塗装工事をしたのに、雨漏れの原因にしてしまったり、内部の腐食を悪化させてしまいます。
そんなことが起きてしまったら本も子もありません。
こんな小さいようなことが大きい事をしっかり理解してもらい作業を行っております。
屋根の小口の重なり部分にタスペーサーを挿入することで適度な隙間を与え、
塗料の溜りによる屋根材の上下重なりを塞ぐことなく確実に通気性を確保できます。
屋根材の端と端にカーボン製の部材を取付けて、 約1㎡あたりに10個程度取付けてます。


        その他の仕上げ材料

軒裏天井 ⇒ 日本ペイントさん 水性ケンエースを使用しました。

水性化により、VOC1%以下、F☆☆☆☆を実現。室内でも使える環境に優しい塗料です。
水性塗料では最高レベルのヤニ止め効果があり、軽微なヤニであれば止めることができます。
辻塗装店では住宅の天井【軒天】では毎回お世話になっている材料です。
やはり透湿性に優れているところと、艶消しで落ち着いた雰囲気になるのでバランスがいい塗料です。



鉄部・樋・付帯 ⇒ 日本ペイントさん ファインパーフェクトトップを使用しました。

今回のH様邸では外壁にも使用していますが、
木部、鉄部、コンクリート、モルタル、サイディングなどオールマイティに使えます。
「転写性によるグリップ感」が良く施工がし易いため、キレイに仕上がるので
細かい作業の多い付帯部分の塗装には常におすすめしてます。

福岡県 筑後市 Y様邸 外壁 屋根 塗装工事

福岡県 筑後市 Y様邸 外壁 屋根 塗装工事 施工前

福岡県 筑後市 Y様邸 外壁 屋根 塗装工事 施工前

福岡県 筑後市 Y様邸 外壁 屋根 塗装工事 施工前

福岡県 筑後市 Y様邸 外壁 屋根 塗装工事 施工前

コメント

こちらは福岡県筑後市のお客様のY様邸の施工例です。工事の施工内容を紹介させて頂きます。
外壁はサイディングボードの目地棒にて施工されておりましたのでシーリング工事はありませんでした。



        外壁塗装について

日本ペイントさんの材料で、下塗りにはパーフェクトサーフを使用しております。
窯業系サイディングボードの塗替えに最適な下塗り材料で、微弾性機能もありひび割れの追従性もあります。
きめが細かいので、上塗りの吸い込みが少なく、美しい均一な仕上がりになります。
上塗材料にはフッ素を超える無機系塗料のパーフェクトセラミックトップGを使用しました。
パーフェクトシリーズ最強の水性2液形セラミックハイブリッド超高耐候超低汚染無機系塗料です。
日本ペイントさんは期待耐用年数は発表しておりませんが、20年ぐらいかと思われます。
材料の詳しい説明はブログでも紹介しております。



        屋根塗装について

屋根は乾式コンクリート瓦(モニエル瓦)です。メーカーにより呼び名が違います。
間違った選定や安易に考えて施工すると施工不良を起こしてしまう特殊な瓦です。
しっかりした知識と塗装材料を間違えなければ、全く問題なく綺麗に施工できます。
モニエル瓦ではオリエンタル塗料工業さんの材料を毎回使用してます。屋根専用塗料メーカーです。
長い事お世話になっておりますが、不具合も起きたことないのも重なって厚く信頼してます。
今回は遮熱仕様で施工させて頂きました。
下塗りに高反射プライマーを使用してさらに反射効果を高めた工程で作業しました。
上塗の遮熱塗料にはクールくんマイティーシリコンを使用しております。
さらに耐久性を格段に上げるために、超耐候性クリアのタフグロスコート仕上げで施工しました。
クールくんマイティーシリコンは2工程でも仕上げることができる材料ですが、
高反射プライマー下塗りと、タフグロスコート超耐久仕上げを施工することで、
さらに長期間にわたって美観と遮熱効果を維持してくれる最上級の工法になります。



        その他の仕上げ材料

軒裏天井 ⇒ 日本ペイントさん 水性ケンエースを使用しました。

ヤニ・しみ止め効果と優れた付着性・汚染除去性、防藻・防かび性能を有しております。
落ち着きのある艶消し塗料で、透湿性もありますので主に天井の塗装で頻繁に使っております。



鉄部・樋・付帯 ⇒ 日本ペイントさん ファインパーフェクトトップを使用しました。

「ラジカル制御技術」により、紫外線に強い1液弱溶剤系シリコングレードを超える強靭な塗膜を形成し、
親水化技術により、雨だれ汚染に対してすぐれた効果を発揮し、塗りたての美しさを長期間保ちます。

辻塗装へお問い合わせ