スマートフォン版を表示

人気急上昇中の外壁材、ガルバリウム鋼板のメンテナンス時期の見極め方

目次

写真:ガルバリウム鋼板

一般住宅においても普及率が上昇しつつある、高機能な外壁材がガルバニウム鋼板です。
見た目もカッコよく、外壁に求められる機能を総合的に備えているため、最近人気が急上昇中となっています。

しかし、まだ比較的新しい建材のため、性能などが正しく伝わっていない部分もあります。
確かに優秀な外壁材であることには間違いないのですが、性能が誇大に謳われがちなので注意しなければなりません。
「半永久的にメンテナンスが要らない」などという営業マンがいるようですが、まったくそんなことはないのです。

ガルバリウム鋼板について何も知らないと、悪質な業者に騙されてしまうかもしれません。
そこでここでは、ガルバリウム鋼板のメンテナンスの基礎知識を詳しく紹介していこうと思います。

ガルバリウム鋼板とは?

ガルバリウム鋼板は、鋼でできた原版をアルミニウム55%、亜鉛43.4%、ケイ素(シリコン)1.6%の比率でできた特殊な合金でメッキした建材です。
このメッキが鉄の腐食を強固に防いでくれるため、金属であるにもかかわらず非常に錆びにくいという特徴を持っています。

金属系のサイディングボードには、丈夫で軽いという大きなメリットと、錆びやすいという大きなデメリットがありました。
この錆びやすいという大きなデメリットを克服した金属系のサイディングボードが、ガルバリウム鋼板というわけです。
ただ、メッキの力でサビを抑えているため、メッキの力が弱まると錆びてしまう可能性は十分あるということになります。

サビに強いという特徴以外にも、ガルバリウム鋼板を外壁に使うメリットはいくつもあります。
ガルバリウム鋼板を外壁材に使うメリット・デメリットは、以下の記事で詳しく紹介しています。
メンテナンス方法にも関わることなので、合わせてチェックしてみてください。

見た目と機能を兼ね備えた外壁材ガルバリウム鋼板のメリット・デメリット

メンテナンスフリーは嘘!!

ガルバリウム外壁でよく言われるのが「メンテナンスフリー」という言葉です。
悪徳な会社の営業マンは、「30年メンテナンスいらず」などといってアピールしますが、これは完全な嘘なので注意してください。

劣化しにくい素材であることは間違いないので、家を建ててすぐはそこまでメンテナンスに気を使う必要はないでしょう。
ただ、傷がつけばそこから錆びてきますし、雨に塩分が含まれていれば白サビも発生します。
いつまでもメンテナンスなし、劣化しないものではありませんので、適切なタイミングで塗装や清掃を行うことは必須なのです。

メンテナンスフリーなどという業者は悪徳業者である可能性が高いので、甘い言葉に惑わされないよう気をつけてください。

ガルバリウム鋼板の塗装時期の目安

チョーキング

チョーキングは、ガルバリウム鋼板に限らず、外壁塗装の塗り替えの目安として有名なものです。
外壁を手で触り、白っぽい粉が大量に手につくようなら塗り替えを検討するべき時期と言えます。

初めに塗られている塗料の種類にもよりますが、10年程度経過すればチョーキングが発生している可能性が高いです。
チョーキングは外壁を触るだけで判断できるので、ときどき確かめるようにしてください。

サビ

ガルバリウム鋼板はサビに強い建材ですが、100%錆びないというわけではありません。
塗装が劣化して雨水にさらされることで、徐々に表面が錆びることは十分考えられます。

ガルバリウム鋼板で最も顕著なサビが白サビです。
これは、メッキに含まれる亜鉛が酸化して白い斑点状になってしまう現象です。

白サビは潮風の影響を受ける立地や、湿度が高くなる立地で発生しやすくなります。
洗練された見た目を一気に台無しにしてしまう上、メッキの効力を落とすおそれもあるので早急に塗装を行った方が無難でしょう。

それから、通常の鉄材と同じく赤サビが発生することもあります。
赤サビはメッキに傷がついたところから発生して広がるので、なるべく早めに対処しなくては状況が悪化する一方です。

外壁として使用する場合、表面に傷が入ることを避けるのは難しいです。
それでもメッキのダメージを最小限に抑えるには、塗装もしっかりと行わなければなりません。

傷や穴

もし、ガルバリウム鋼板に深い傷や穴が開いている場合は早急な対策が必要です。
なぜなら、そこからサビが発生し、一気に腐食してしまうからです。

傷や穴に関しては、塗装だけでは対処することが難しいでしょう。
適切な補修工事を行ない腐食の拡散を防止した上で、塗装を行う必要があります。

ガルバリウム外壁のメンテナンス方法

ガルバリウム外壁を長持ちさせるには、日常的なメンテナンスも大切です。
とは言え、そこまで面倒なことはやらなくてもいいので安心してください。
具体的なメンテナンス方法は、年に1~2回程度で構わないので全体を水で洗い流すだけです。
ブラシなどで擦る必要もありません。

特に、軒下やバルコニーの下などは、普段雨が当たらないので汚れが溜まりやすくなります。
そのため、重点的に水で洗い流すようにしてください。
また、海の近くや川の近くは塩や湿気の影響を受けやすいので、水で洗い流す頻度を2ヶ月に1度程度に増やすといいでしょう。

ただし、高圧洗浄機による洗浄は、金属の隙間から水が漏れる可能性があります。
外壁を傷めてしまうこともあるので、高圧洗浄機は使わないように注意してください。

ガルバリウム鋼板の塗装なら辻塗装へご相談ください

ガルバリウム鋼板の外壁であろうと、定期的なメンテナンスは不可欠です。
特に塗装を怠ると、優秀なメッキが劣化して錆びてしまうおそれがあるので、適切なタイミングで外壁塗装を実施する必要があります。

ガルバリウム鋼板の塗装には、専門的な技術が必要です。
ガルバリウム鋼板の表面は非常に滑らかなため、確かな技術力がないと塗装の密着性が悪くすぐに剥がれてしまうのです。

そこで、ガルバリウム鋼板の塗装をお考えなら、私たちに相談してみてください。
福岡で36年の実績を持つ私たちなら、確かな技術力でガルバリウム鋼板の塗装も問題なく仕上げることができます。

もちろん、ガルバリウム鋼板以外の外壁でも確かな技術を提供いたしますので、まずはお気軽にご相談してみてくださいね。


辻塗装へお問い合わせ