スマートフォン版を表示

外壁塗装にベストなシーズンと季節ごとの特徴を一挙紹介

「外壁塗装にはベストシーズンがある」ということをご存じですか?何も考えないと、いつ塗っても同じに思えてしまいますが、実は季節によってかなり仕上がりに差が出ることもあるのです。
外壁塗装は、100万円前後はかかる高い買い物になるので、できることならベストシーズンにやってしまいたいですよね。

そこでここでは、外壁塗装にベストなシーズンや、お得なシーズンなどを紹介していこうと思います。

なぜ外壁塗装にベストシーズンがあるのか?

外壁塗装にベストなシーズンがある理由は、塗料の性質によるものです。塗料は、気温が低い環境や、湿度が高い環境では乾燥が遅れてしまいます。
乾燥が遅れてしまうと、乾燥が不十分なまま重ね塗りがされる恐れもあります。
そうなると、塗料本来の強度を実現することができません。最悪の場合、すぐに剥がれる状態になるなんてことにもなりかねないのです。

具体的には、気温が5℃以下、湿度が85%以上では塗装することができません。これは目安ではなく、塗料メーカーが公表している塗装業会のルールです。
だからこそ、季節により気温と湿度が大きく変わる日本では、外壁塗装に適したシーズンがあるというわけなのです。

また、雨や雪、夜露のような水分も外壁塗装の天敵です。塗装中に水分が浸入すると、本来の耐久性が発揮できなくなったり、見た目が悪くなったりと、様々な不具合を引き起こします。
と言うことは、雨や雪が降る日は、当然ながら塗装作業はストップするということです。雨水が塗料に混ざると、乾燥が不十分になったり、仕上がりにムラが出たりしますからね。
なるべく天気が安定している季節の方が、より外壁塗装には適しているということです。

加えて、強風にも注意が必要です。外壁塗装は足場を組んで高所を塗装するため、風が強いと作業性が悪くなります。あまりに風が強いと、作業が続行できないこともあるでしょう。
さらに、風で砂やほこりなどのゴミが、乾燥していない外壁に付着してしまいます。こうなると、当然仕上がりも完璧とはいえません。

これが外壁塗装のベストシーズン!!

外壁塗装に最適な条件は、気温が15~30℃、湿度が75%以下と言われています。この条件をある程度の期間満たすことができるという意味で、春と秋が外壁塗装に最も適したシーズンと言えるでしょう。
春や秋なら、極端に気温が高くなったり低くなったりすることがありません。また、夏のように湿度が急激に高くなることもないのです。

それから、天候がある程度安定しているということも重要です。
雨が降ると作業が中断してしまいますし、途中まで塗っている塗料にもいい影響は与えません。
秋は台風が多いので、その点を考慮すると春がベストと言えますね。ただ、天候だけはどうしようもないので、運によるところも結構大きいです。

では、春や秋以外がダメかというとそうではありません。先ほどお伝えした気温や湿度の条件さえ満たしてしまえば、1年中どの季節であろうと問題なく塗装することができます。

逆に不向きなシーズンとは?

外壁塗装最大の敵は水分です。そのため、雨の多い梅雨は外壁塗装に不向きなシーズンといえるでしょう。雨が続くと作業が中断したままになり、塗りかけの塗料に悪影響を及ぼしてしまいます。
湿度も高くなりがちなので、塗装に適している日を探す方が難しいかもしれません。

それから、気温が常に5℃を下回るような、北国の厳しい冬ではそもそも外壁塗装は作業自体が不可能です。積雪により家が埋もれてしまうような地域も、同じく塗装は不可能になります。

季節ごとの外壁塗装の特徴

外壁塗装のベストシーズンが、春と秋と言うことは分かりました。ただ、「春と秋なら完璧」というわけではなく、季節ごとにメリットとデメリットが存在します。
そこでここからは、それぞれの季節のメリットとデメリットを見ていきたいと思います。それぞれの季節の特徴を理解し、それに見合った塗装をすることが外壁塗装では重要になります。

春の特徴

春は、先ほどもお伝えしたとおり外壁塗装にベストなシーズンです。
しかし、そんな春でもデメリットは存在するので注意が必要です。

春のメリット

春は、気温・湿度共に安定しており、1年の中で最も外壁塗装に適した季節といえます。
穏やかな天候も多いため、比較的作業もスムーズに進み、予定通り工事が終わりやすいといえます。

春のデメリット

春一番のような強風に見舞われる恐れがあります。強風が吹き荒れると、塗装中の塗料にゴミやほこりが付着するので、あまり好ましくありません。
また、黄砂が発生する季節なので、塗料に砂埃が付着しやすい季節と言えます。

それから、春は梅雨入り前の需要などで、外壁塗装業社が最も忙しい時期です。
なので、値段も高くなりがちで、予約を取るのも難しいということが考えられます。

夏の特徴

夏は、晴れる日が多いという面では、外壁塗装に悪くありません。
ただ、外気温が非常に高温になるので、作業する業社にしてみれば過酷な季節です。

夏のメリット

晴れる日が多いので、日程に狂いが出にくくなります。塗料の伸びも良くなるため、塗料が乾きやすく非常にスムーズに作業が進みます。
スムーズに作業できるということは、塗り直しなども少なくなるということです。つまり、仕上がりの品質も保たれやすくなるということになります。

夏のデメリット

最近はゲリラ豪雨が多いので、予期せぬタイミングで雨に見舞われる恐れがあります。塗料が乾く前に雨に降られると、あまり好ましいとはいえません。

それから、作業中は窓を開けることができなくて困ることがあります。特にエアコンを使用しないご家庭の場合、かなり室温が上がってしまうので、その辺も考慮しておいた方がいいでしょう。
また、作業箇所によってはエアコンが使えない時間帯も出てくる場合があります。夏に外壁塗装を依頼する際は、エアコンが使えるかどうかも確認しておくようにしましょう。

秋の特徴

冬は、地域によって外壁塗装への影響が大きく異なる季節になります。
寒冷地などでは、全く作業ができないこともあるので注意してください。

冬のメリット

湿度が低く、寒冷地でなければ雨も少ない季節です。5℃以上の気温が保てるのなら、外壁塗装を行う条件として悪くはありません。雪が少なく比較的暖かい九州などなら、問題なく作業することができるといえるでしょう。

また、工事中に窓が開けられなくてもほとんど問題がありません。
ただし、塗装箇所によってはエアコンが使えなくなる日があるかも知れないので、他の暖房器具は用意しておいた方がいいでしょう。

冬のデメリット

寒冷地の場合は、気温が常に低いので作業がほとんどできない恐れがあります。特に常に気温が5℃を下回るようなら、塗装が全くできないことが考えられます。
それから雪も天敵です。特に雪は積もっていくので、豪雪地帯の場合冬は外壁塗装が不可能となる場合が多いですね

さらに、気温が低いと塗料の伸びが悪くなり作業効率が低下します。日照時間も短いので、1日に進められる工程も少なくなります。そのため、通常より工事が長期間になると考えておくようにしてください。

梅雨

雨の多い梅雨は、基本的には外壁塗装には不向きです。
しかし、天候次第でメリットも出てくるので、天気予報と相談してみるのもいいでしょう。

梅雨のメリット

雨さえ降らなければ、夏前の暖かい季節のため塗料は比較的乾燥しやすい時期になります。空梅雨が予想されるなら、案外狙い目の季節ということができます。

梅雨の時期は避ける人が多いので、予約も取りやすいです。業社としても受注の少ない時期なので、値引きにも応じてくれやすくなります。
もしかしたら、優良業社に安価で依頼することができるかもしれません。

梅雨のデメリット

梅雨時期のデメリットは、なんといっても雨が多いということです。
塗料は水に弱いので、雨が続くと作業が全く進まなくなる恐れもあります。

作業が進まないと、塗装の仕上がりにも影響が出る恐れがあります。特に、エポキシという下塗り材の場合、日をおくと仕上がりに影響が出やすくなります。
あまりに雨が続いた場合、最初からやり直しなんてことになるかもしれません。日程がずれては困るという方は、梅雨は外して考える方が無難です。

福岡は実は冬が狙い目?

春と秋が外壁塗装のベストシーズンであることは間違いありませんが、夏や冬、梅雨は不可能というわけではありません。気温や湿度、天候の条件さえ満たしてしまえば、どの季節でも質の高い外壁塗装を実施することは可能です。

春と秋は、外壁塗装業社にとって繁忙期です。ベストなシーズンであることは多くの人が知っているので、予約も一杯になりがちです。予約が取れないということは、値引きもしてもらえないということですね。
なので、ある程度高額になることを覚悟しなければなりません。

一方、夏場や冬場は外壁塗装業者にとって閑散期となります。そのため、値段交渉もしやすいといっていいでしょう。
夏場や冬場でも、条件さえ揃えば塗装に支障はありません。季節に合わせた的確な塗装ができる業社を選べば、値段を抑えてきちんとした塗装をしてもらえるでしょう。

特に、福岡の場合は、冬もそこまで寒くなりません。
気温が氷点下になることは稀なことですからね。
しかも、安定して湿度は低いので、外壁塗装をする条件としては悪くないと言えます。しかも、外壁塗装業社が暇な時期なので値段交渉もしやすいです。質は落とさずできるだけ安く塗装を済ませるなら、冬は狙い目といえるのです。

ただし、業社選びには十分注意が必要です。冬の作業に精通していない業社でなければ、仕上がりに不満が残る結果になる恐れもあります。また、気象条件にも注意が必要ですね。九州とは言え気温が下がる日もあるので、暖かい日が続く日を選ぶ必要があります。

福岡の場合は塩害にも注意

外壁塗装でもうひとつ注意しなければならないことが、塩による被害です。極端に海に近い場所で無い限り、それほど気にする必要がありませんが、気象条件によっては注意が必要になります。
台風が上陸しているなど風が強くなる場合、海水が強い風で巻き上げられ、塩分が広範囲に付着してしまいます。

早めの業社探しがオススメ

外壁塗装は、「やろう」と思ってすぐに工事に入れるといったものではありません。見積もりを出してもらったり、詳細な打ち合わせをしたりと結構な時間がかかるものなのです。
それから、だれでも「どうせ外壁塗装するならベストシーズンで」と考えますよね。と言うことは、特に地元でも人気の優良店は、ベストシーズンである春と秋のスケジュールがすぐに埋まってしまうということです。

そのため、春に塗装したいなら冬から、秋に塗装したいのなら夏から準備を進めておく必要があります。ベストシーズンに優良店の予約が取りたいのなら、早めに業社探しをスタートすることをオススメします。

外壁塗装は経験豊富な辻塗装へ

いくらベストシーズンに塗装を依頼しても、天気が急変してはどうすることもできません。天候だけは、人の手ではどうすることもできないですからね。
どんな状況でも最高の外壁塗装を提供するには、状況に応じた的確な判断が必要になります。

もしかしたら、天候の変化により工期が延びることもあるかもしれません。しかし、工期が延びるということは、それだけ慎重に仕事をしていると思ってもらえればと思います。

また、その地域の気候を熟知していることも重要です。日本列島は縦長で、地域によって全然機構が違いますからね。その地域の気候を知らないことには、ただ季節を合わせても意味のない結果となるのです。
福岡で外壁塗装を検討しているのなら、36年という豊富な経験を持つ辻塗装におまかせください。


辻塗装へお問い合わせ