スマートフォン版を表示

木部の特徴に合わせた塗装の方法とは?適した塗料も合わせて紹介



写真:刷毛と木材

木材が外装に使われている部分は、外壁などと比べても非常に傷みやすいといえます。
木材は天然素材のため、塗装などで保護しなくては雨や細菌の影響で、すぐに腐ったりカビが生えたりしてしまうのです。

また、木材を保護するために施している塗装も、通常の外壁に比べ劣化しやすいです。
そのため木材でできている部分は、外壁塗装以上にメンテナンスには気を使う必要があります。

まここでは、外壁塗装より気をつけたい一軒家の外装の木部塗装について、詳しく紹介していこうと思います。

目次

木材ならではの特徴

木部塗装が通常の外壁塗装よりも注意が必要な理由は、木材特有の特徴があるからです。
木材の特徴を理解していれば、塗装で注意すべきことやメンテナンスの必要性も理解しやすくなるかと思います。

そこでまずは、木材の特徴を詳しく紹介していきたいと思います。

湿度によって膨張、収縮を繰り返す

木材は、調湿作用を持っています。
これは、湿度が高いと湿気を吸い込み、湿度が下がると湿気を吐き出す作用のことです。
この作用があるからこそ、水分過多による腐食や乾燥によるひび割れをある程度防ぐことができます。

ただし、湿気を吸い込んだり吐き出したりするわけですから、それに伴い木材自身も膨張と収縮を繰り返します。
そのため、塗装はどうしても剥がれたりひび割れたりしやすくなります。

腐食に弱い

木材は天然素材なので、バクテリアや細菌の影響で腐食していきます。
もちろん腐食防止の対策は施されていますが、それでもセメントやモルタルのような人工物と比べると、腐食に対して弱い材料と言えるのです。

さらに、腐食防止の塗料や薬剤も、時間の経過と共にどんどん効果が薄れてきます。
だからこそ、定期的な塗装でしっかりと保護してあげることが木材では非常に重要なこととなります。
適切なメンテナンスを実施していれば、長期に渡り腐食を防ぐことは十分可能なのです。

木目を活かした外観が作れる

天然素材である木材は、それぞれが持つ木目が最大の魅力ともいえます。
最近では家の外観にもこだわりを持つ方が増えてきているので、個性的な家を作る上でも木材は活躍することでしょう。

また、木材のぬくもりのある質感は、日本人の心を癒す効果があります。
自宅はあなたが休むところなので、癒しの雰囲気を作るには木材が最適というわけです。

一軒家の外装で木材が使われている部分

住宅で木材が使われているのは、内部の骨格だけではありません。
ドアやウッドデッキ、瓦屋根の木部など、外から見える部分にも意外とたくさん木材は使用されています。
一軒家の場合なら、木材がどこにも露出していないというケースは珍しいと言えるでしょう。
そのため、ほぼ全てのお宅で定期的な木部のメンテナンスが必要となります。

それから、ぬくもりのある家というイメージを形にするため、外壁材そのものに木材を使用しているケースもあります。
このような外壁は、サイディングのような建材に比べかなり劣化が激しいので注意が必要です。
サイディングのような外壁と比べると塗装の持ちも悪く、短いスパンで塗装の塗り替えを実施する必要があります。

木部塗装も3回塗りが基本

外壁塗装は3回塗りが基本と言われていますが、木部塗装もこれは同じです。
基本的には、3回塗り重ねて強度を出していくことが不可欠となります。

ただし、紫外線の影響が大きい南側に面した部分の塗装では、3回塗りでも強度が不足するケースも考えられます。
このようなケースでは、4回以上の重ね塗りを行わないと、十分な塗装強度を実現することができないのです。

また、日当たりがあまり良くない立地の場合なら、北側の塗装が長持ちするケースも考えられます。
このようなケースなら、北側の木部だけ塗装回数を減らすという処置も考えられるのです。

最も理想的な状態は、日当たりが異なっても塗装が同じ状態をキープしていることです。
そのためには、日当たりまで計算して最適な塗装回数を導き出し、塗装を実施することが不可欠なのです。
これが実現できれば、全ての外装に使われている木材を一度にメンテナンスできるようになります。

さらに、木部の劣化具合により最適な塗装回数は異なります。
木部の劣化が激しいと塗料を吸収する量が増え、より多くの塗装回数が必要になるのです。
木部の状態を見極めて、最適な塗装回数を導き出す経験と技術が、木部塗装には必要になります。

他にも木部塗装には、守るべき注意点がいくつかあります。
木部塗装における注意点は、以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてチェックしてみてください。

外壁塗装と同じではダメ!木部塗装で注意すべき4つのポイント

木部塗装に適した塗料とは?

木材でできた部分は通常の外壁とは性質が異なるため、適した塗料も当然異なります。
木部は傷みやすい部分なので、専用の塗料を使ってしっかりと保護するようにしてください。

まず木材は天然素材のため、カビや腐食、害虫に非常に弱いです。
そのため、防虫効果、防カビ効果、防腐効果の高い塗料であることが必須条件とも言えるでしょう。

また、木材は湿気を吸ったり放出したりして、常に呼吸をしている状態と言えます。
そのため、呼吸を妨げないような機能も、木部用の塗料には求められるのです。

塗装の劣化が早い木部では、外壁以上に耐久力の高い塗料を使うことが理想的でしょう。
逆に問題となるのは、外壁よりグレードの低い塗料を木部に使用してしまうことです。
ただでさえ木部は劣化が激しいので、外壁よりグレードの低い塗料では、先に木部の塗装がダメになることは目に見えています。
外壁の塗装までに木部だけ何度もメンテナンスが必要になり、結果としてコストパフォーマンスが非常に悪くなってしまうおそれがあります。

また、木材特有の質感を活かしたいという方も多いので、それ専用の塗料も販売されています。
クリアの膜を形成して木目の見た目を維持するだけでなく、木材の質感をそのまま維持することができるものもあるので、採用を検討してみてください。

木部用の塗料の種類

木部用の塗料は、大きく分けると浸透タイプと造膜タイプに分かれます。
それぞれにメリットデメリットがあるので、よく特長を理解した上で適したタイプを選択するようにしてください。

浸透タイプの塗料

浸透タイプの塗料は、木材を保護する成分を染み込ませるタイプの塗料となっています。

表面に塗膜を形成しないため、木材が持つぬくもりのある質感を損ねることがありません。
もちろん見た目もそのまま維持できるため、木目を最大限活かすこともできるでしょう。
また、そもそも塗膜がないので、ひび割れたり剥がれたりといった塗装の不具合で見た目が損なわれる心配もありません。

デメリットとしては、塗膜を形成しないため耐久性が弱いことが挙げられます。
塗膜がなく雨を弾くことができないので、塗料の持つ保護効果がどんどん失われていくのです。

環境にもよりますが、3年以内には塗り替えが必要になるので、非常に手間のかかる塗料といえます。
ただ、塗料自体の扱いは簡単なので、手の届く範囲ならDIYで塗り替えることは比較的容易にできるでしょう。

それから、木材そのままの質感が維持されるので、劣化している部分があったとしても塗装で隠すことができません。
塗り替えても建材そのままの見た目になってしまうため、劣化が激しい場合は造膜タイプの塗料を選択した方が美しい見た目を維持することができます。

造膜タイプの塗料

造膜タイプの塗料は、木材の表面に塗膜を形成するタイプの塗料です。

表面に形成された塗膜が水や汚れをはじくので、浸透タイプの塗料より耐久性が高いです。
環境によっては6年程度持つため、浸透タイプの塗料の2倍程度も長持ちすることになります。
ただし、施行不良を起こすと耐久力が著しく下がるため、DIYで塗り替えることはあまりオススメできません。

デメリットとしては、建材の表面を塗膜が覆ってしまうため、木目や木材の質感を活かすことが難しくなります。
せっかく建材に木材を採用したとしても、見た目や質感が楽しめないなら管理が面倒になるだけというケースも考えられますね。
ただその分、劣化して見た目が悪くなった木材を隠すこともできます。

また、木材が膨張と収縮を繰り返すことから、塗膜がひび割れやすいという弱点があります。
塗膜がひび割れるとそこから雨水が侵入してしまうため、一気に耐久力がなくなってしまうのです。

ひび割れの発生しやすさは、塗料に含まれる樹脂の種類によって異なります。
なるべくひび割れに強い塗料を選ぶことが、木部塗装では必要になります。

木部塗装のことなら辻塗装にご相談ください!!

手の届く範囲の木部の塗装は、比較的簡単にDIYでも塗り直しができるように思えます。
しかし、素人の塗装ではどうしても長持ちしないため、頻繁に塗りなおしが必要なことは頭に入れておかなくてはなりません。

メンテナンスをおこたると、木部が腐食して建物がダメージを受けることも考えられます。
劣化の状態によっては塗り重ねるだけではダメな場合もあるので、プロにお願いした方が無難といえるでしょう。

もし、より長持ちする木部塗装を実現したいのなら、一度私たちに相談してみてください。
私たちなら福岡を中心に36年間培ってきた技術を活用し、長持ちする木部塗装を実現することができます。

外壁塗装と合わせて実施すれば、工賃を安く抑えることもできるでしょう。
木部塗装や外壁塗装のことなら何でも相談に乗りますので、お気軽にご相談ください。


辻塗装へお問い合わせ